どんな目的で利用されているのか

固定電話

最近ひかり電話の需要は増えており、従来のアナログ電話よりもシェアが大きくなっていると言われていますが、なぜそうなってきっているのかというと、電話代を安くしたいという目的があるからだと言えます。従来のアナログ電話の基本料金は1,450~1,950円とされていますが、ひかり電話の場合は500円というかなり安い料金で済むのです。それに通話料金に関しても、固定電話にかけるときはアナログ電話の場合だと距離が遠いほど高くなるという仕組みになっていますが、ひかり電話の場合は全国どこへかけても3分8円で済みます。さらに携帯電話や国際電話にかける際も、ひかり電話のほうが割安になるため、電話代を安くしたいという場合に選ばれているケースが多いと言えるでしょう。

費用面でのメリットが多い

固定電話

ひかり電話が最近注目されているのは、さきほど紹介したように電話代が安くできるということだけでなく、初期費用やスマホとのセット割を利用できるという費用面でのメリットが多いからだと言えます。初期費用については、インターネットの光回線をすでに引いているのであれば、手数料を3,000円程度支払うだけで利用を始めることができるのです。または光回線を新たに引く必要がある場合でも、2万円前後の工事費で済むため、3万6,000円かかるアナログ電話の初期費用よりも安くできます。そしてスマホとのセット割に関しては、自分が使っているスマホの携帯会社が提供する光回線に加入することで、500円~1,000円程度もスマホ代を安くすることが可能です。そのため、ひかり電話を利用するために光回線の契約をする際は、できるだけ自分が使っているスマホの携帯会社のものを選んだほうがお得になるということが言えます。

アナログ電話とほぼ同じように使える

通話する女性

ひかり電話が注目されているのは、費用面のメリット以外にも、従来のアナログ電話とほぼ同じように使うことができるという理由があるからだと言えます。これまで従来のアナログ電話を使っていた場合は、5,000円程度の手数料を支払うことで電話番号をそのまま引き継ぐことができるため、ひかり電話に変えたからといって電話番号を変える必要はありません。そして従来のアナログ電話を使っているときに、ナンバーディスプレイなどのオプションを利用していた場合、ひかり電話に変えても同じオプションを使うことができます。しかも、ひかり電話の場合は複数のオプションをセットで利用すると割引してもらえるサービスもあるので、アナログ電話よりお得に利用することも可能です。

広告募集中